防風通聖散の1日の摂取限度量は?また、副作用や安全性は心配ない?

防風通聖散の1日の摂取量の目安は?

古くから愛され利用されてきた漢方薬の1つ、防風通聖散。その中には18種類の生薬が含まれおり、様々な効果を発揮してくれています。そんな防風通聖散配合の漢方薬。1日の摂取量の目安とは…。

 

成人1日当たり「7500mg」となっています。この摂取量を基準とし、摂りすぎるのも摂りすぎないのも良くありません!

 

防風通聖散の摂取のし過ぎには、体にいい影響は全く与えず、不具合を起こすだけです!脱水症状や下痢を起こし、健康とは程遠い状態になってしまいます。早く痩せたいからといって飲みすぎるのは止めましょう

 

逆に摂取量と比べ取り過ぎなかった場合も、効果の効き目が遅くなってしまう場合や効果がでない恐れがあります。なので摂りすぎないのも良くないんです!1日分の目安摂取量を守って防風通聖散を服用するようにしましょう!

 

防風通聖散の副作用は?

 

いい効果を多く与えてくれる防風通聖散。「副作用はあるのか?」と気になっている方もたくさんいると思います。大丈夫です、安心してください!防風通聖散は、漢方薬になっているので副作用の心配はありません。

 

万が一「だるい・痛み・震え・吐き気・痒み・発熱・イライラ・しびれ・息苦しさ」このような症状が出た方は注意して、お医者様にご相談ください。

 

防風通聖散の安全性はどうなの?

 

防風通聖散の良いことはたくさん知ったけど、やっぱり心配なのは安全性ですよね?でも大丈夫です!まず第一に、防風通聖散は漢方薬なので安全性の心配はいりません。今の漢方の輸入品は、厚生労働省の認証を得た原材料なので、検査もしっかりと受けた安全な漢方薬になっています。

 

防風通聖散配合の商品によっては、GAP認証取得済みの制約基地を確保している商品などもあるほど!十分に安全性はある防風通聖散なんですが、商品を購入される前には必ず安全性を確認してから購入するようにしましょう!

 

防風通聖散を飲まないほうがいい人はどんな人?

 

漢方薬だからと言って、皆さんが飲めて皆さんに効果があるワケではありません!防風通聖散は体力の充実している人に向けている漢方薬です。なので体の虚弱な方・胃腸が悪い方・発汗の多い方にはおススメ出来ません。

 

他にも中に入っている18種類の生薬の働きによって、心臓や血管に負担をかけてしまう事があるんです。そのため以下のような症状をお持ちの方は使用はお止めください。循環器系に異常がある方・肝臓病・心臓病・脳卒中などの病気のある方(異常がある方)このような症状をお持ちでない方は、防風通聖散を服用ください!