生漢煎と漢生爽楽を比較してみた!どっちがおすすめ?

生漢煎と漢生爽楽を比較してみた!

「お腹に脂肪がついてきたな〜」と感じている頃には、もう脂肪が続々と増えてきてしまっています。そんなあなたは「肥満症」の可能性が大!肥満症と聞いても、ピンっ!とこず「そんなに心配することじゃない」など思われる方はたくさんいると思います。しかし肥満症は放っておくと危険な目に合う恐れがあるんです!

 

むくみや便秘、ひどい場合には大きな病気につながる恐れもある肥満症。そんな肥満症の可能性がある方に少しでも早く試していただきたいのが「防風通聖散」。

 

その防風通聖散を有効成分として、使用されている漢方薬はたくさんあるんですが、今回はその中でも人気の「生漢煎」と「漢生爽楽」を比較してみました!

 

一目でわかる!生漢煎と漢生爽楽のスペック比較表

 

商品名 生漢煎 防風通聖散

漢生爽楽

価格 3900円 1ヵ月 3980円 1ヵ月
成分量 4500mg 3330mg
容量 1箱90包 1箱60包
特典・保証 (特典)ボタニカルジェル
(保険)なし
(特典)漢生爽楽読本
(保証)10日間返金保証

 

生漢煎と漢生爽楽の違いは?

 

見た限り違いはあまり見受けられないですが、唯一少しの違いと言うと、購入される場合に最も重要となってくる「値段」。

 

・生漢煎
通常価格7800円
1箱90包

 

・漢生爽楽
通常価格7980円
1箱60包

 

とは言っても差はたったの100円と思いがちなんですが、内容量にも少し差があることお分かり頂けますか?生漢煎のほうがお安く販売しているにも関わらず、内容量は漢生爽楽よりも約30包多いんです!

 

そうなると…
値段が高く内容量が少ない「漢生爽楽」
値段が安く内容量が多い「生漢煎」

 

「どちらの方がお得?」と聞かれると迷わずに、安く内容量が多い「生漢煎!」と答えますね♪

 

防風通聖散の配合量なら漢生爽楽より生漢煎!

 

危険な病気、肥満症。その恐ろしい病気に効果がある「防風通聖散」。むくみ・便秘・代謝の改善・利尿など、肥満に関係することに幅広く効果を発揮してくれます。

 

そんな無くてはならない防風通聖散、漢方薬によって配合量が違うんです!上のスペック表を見ていただいたら分かるように…。

 

・生漢煎:4500r
・漢生爽楽:3330r

 

1170rかなりの差があります!これだけ違いがあるということは、肥満への効能・効果がしっかりとある生薬の配合量にも違いが出てきます。生漢煎なら効果をしっかりと期待し、信頼して使用出来そうですね♪

 

即効性を感じたい方におすすめ!生漢煎の詳細はこちら

 

手軽に始めたい方に!漢生爽楽の詳細はこちら